2015年01月19日16:49

ハロウィンなのに、なぜか牛が看板に乗ってます…

看板クリックして看板を拡大 ともかく人目を引くことは確かな看板です。



看板は目立つことが至上命題


夕方の薄暮の中でも目立っていました。

三軒茶屋あたりで見つけた看板ですが、遠くからでも牛だとわかるから凄い。

だだし、お店の地図がチョッとわかりにくかったのが唯一の欠点でしたね。


オブジェを使うときは、そのオブジェの特性も考慮する必要があります


この看板を毎日見ているわけではないので、この牛さんがいつも看板の上にいるのかはわかりません。

ただ、このタイプのオブジェを看板に使う場合は、天気や耐用性を考慮する必要があるのは確か。

お店からチョッと離れたところに看板を置いている場合などは、突然の雨などにすぐに対処できません。
その場合は、この牛さんのぬいぐるみが翌日は使えなくなる可能性が出てきます。

この看板の場合、牛さんに意味がなければほかのぬいぐるみを使えばいいだけですが、焼肉屋さんなどで牛であることに意味がる場合は、代わりのぬいぐるみを用意しておく必要があります。


看板作製の経費削減。基本は手作り


大きなものは別にして、小さなぬいぐるみは手作りする人もいるほどで、意外と身近なアイテム。

お店のイメージになったぬいぐるみが無い場合などは、自分で作ってみるのもおもしろいですよ。












かわいいPOPの書き方を一緒に勉強しましょう街で見かけた素敵なパンフ パンフレットらぼご自由にをお使いすください


ganziro