2012年06月26日14:01

観光地の定番 ”顔出し看板”が教えてくれる教訓

顔出し看板_浅草02クリックして看板を拡大
これは浅草にある顔出し看板ですが、この看板、観光地の定番ですね。


マニアがいるほどに浸透している顔出し看板


日本中の観光地にある顔出し看板ですが、この看板にマニアがいるのをご存知ですか?

確かに、あらゆるジャンルにマニアはいますが、同時に、マニアがいるということは、それだけ身近にあるということの裏返しでもあります。

それだけに、看板をどれだけ有効活用するかは、看板を設置しているお店や施設が頭を悩ませなければいけないポイント。

どころが、ついそのことを忘れてしまい、ただ看板を出していればそれでOKと思ってしまうのも現実です。
そう、この顔出し看板こそが、それを教えてくれる反面教師でもあるんです。


廃れた観光地の象徴も、やはりこの顔出し看板


先ほど書いた顔出し看板のマニアの方たちのサイトを見ると、本当に日本中にいろいろな看板があるのがわかります。

そしてそれと同時に、顔出し看板の状態が、その観光地がどれだけ廃れてしまっているかもわかってしまうという、顔出し看板は、観光地の健康バロメーターのようなものでもあるのがわかります。

やはり、人気のある観光地に置かれた顔出し看板は、アイデア満載の状態で設置されていて、画像検索すると、何枚もの写真を発見することができます。

ところが、廃れた観光地の顔出し看板は、とてもアップには耐えられないようなボロボロの状態で、「誰もこれで記念写真を撮ろうとは思わないだろう」というようなものばかり。

これ、お店の看板と同じですね。

看板を見た人が足を止めてくれる。

これこそが看板の役割なのですから、惰性で毎日表に看板を出していたのでは、ただただ看板が傷んでいくだけの、まさに廃れた観光地の顔出し看板状態になるだけ。

毎日とは言いません、たまにでいいですから、チョッとだけ看板に手を入れてあげてください。
あなたの何気ないアイデアが、大反響を巻き起こす看板にしてしまうことだって、無いとは言えないのですから。

そうそう、今回紹介した看板には寅さんが描かれていますが、ここは浅草寺で帝釈天ではありませんのでご注意を。











かわいいPOPの書き方を一緒に勉強しましょう街で見かけた素敵なパンフ パンフレットらぼご自由にをお使いすください


ganziro