2011年01月17日16:38

やっぱりチョークボード(黒板)は心に響きますね

Delicesクリックして看板を拡大
どんなに荒っぽく描かれていても、黒板のもつ安心感は揺るぎません。


黒板の持つ暖かさは、あらゆる業種の看板として使えます


三鷹にある老舗のパン工房Bakery cafe delicesさんの看板です。
一昨年、三鷹店にカフェを増設し、『パン食べ放題』のランチで話題になりましたが、原点回帰というか、この看板は『天然酵母』一押しですね。

この看板はチョークボード(黒板)を使っていますが、チョークボード(黒板)は書くのが便利なだけではなく、味があるというか、本当に雰囲気を持った看板になるから不思議。

特にある年代以上の方は、パンとセットで小学校の給食を連想されたりしますから、パン屋さんには最適な看板です。


ノスタルジーと便利さを併せ持ったチョークボード(黒板)


日本人には、黒板に対する思い入れがあるような気がします。

小学校ではじめて触れる黒板は、以降、学生である間はずっとお世話になります。
特に小学校時代は、日直黒板拭きでのいたずら相合い傘の落書きに卒業式の寄せ書きなど、すべてでなくてもどれかに対して、なにがしかの思い出があるのではないでしょうか。

もちろん、これが絶対というわけではありませんが、どこかで黒板には親近感のようなものを感じる。
だからチョークボード(黒板)の看板は、つい目が止まってしまう。
私はそう思っています。

なお、看板でのブラックボードチョークボードは、筆記具に違いが出ますが、用途や描き方は共通していますので、かんばん図鑑では黒板という呼び名で統一します。











かわいいPOPの書き方を一緒に勉強しましょう街で見かけた素敵なパンフ パンフレットらぼご自由にをお使いすください


designer_s